精力剤

ゼクノリンは精力剤としても使える?

ゼクノリンに配合されている成分や、その成分から得られる効能などを考えると、 精力剤としてゼクノリンが力を発揮する可能性はあると思います。

とは言っても、単純に精力剤として使えるのかと考えると、微妙になる部分もあります。 人それぞれ精力剤の捉え方も違いますし、精力剤に求めているものも多かれ少なかれ違うからです。 勃起薬の代わりと考えている人もいれば、行為への気力向上と考えている人もいるからです。

これらのことを分けて、ゼクノリンが精力剤としても使えるのか考えてみます。

EDのような勃起不全の改善

EDにも段階がありますので、一概には言えませんが、軽度のEDであればゼクノリンが役立つ可能性はあります。

ゼクノリンのペニス増大には、ペニスの血流量をアップさせるという理論がありますので、 これが上手く機能すれば、低下した勃起力を向上させたり、中折れの症状を改善、緩和できる可能性があるからです。

ただ、全てのED症状に、その力が発揮されるかは微妙なところです。 軽度であっても、ED症状の根本的な原因が精神的なものであれば、あまり効果を発揮しないと考えられるからです。

ペニスサイズの悩みがED症状の精神的原因になっているのであれば、増大に成功することで、 血流量のアップなどに関係なく改善してしまうかもしれません。

いづれにしても、純粋に軽度のED的症状であれば、ゼクノリンでも改善できる可能性はありますが、 精神的な原因や中度以上のEDであれば、難しいとも言えます。

「朝立ちがない。」「完全勃起の状態が甘い。」「中折れをすることがある。」などの症状であれば、改善の可能性はあるけど、 「ほとんど自力で勃起できない。」「勃起のしていても挿入できる硬さにならない。」 「仕事などのストレスが原因で勃起しない。」などの場合は難しいと思います。

軽度のED症状で、ペニス増大もしたいと考えているのなら、ゼクノリンで良いと思いますが、 中度、重度のED症状や、明らかに精神的な問題でのEDであれば、医師の診断を仰ぐべきだと思います。

副作用が強いので、いきなり勃起薬を購入して服用するようなことはしないで下さい。

女性と行為に及ぶ気力の向上

気分的に平気なときは、全く問題なく女性との行為に及べるが、なかなかその気になれないような、 精力自体がみなぎってこないような人の場合は、ゼクノリンでも改善できる余地はあると思います。

ただ、EDと同じ様に原因が精神的なところにあったり、極度の肉体疲労にあったりすると難しいと考えられます。

ゼクノリンにはテストロンの分泌を促す理論が組み込まれているので、 上手く作用すると男性ホルモンであるテストロンの働きで、行為に及びたいという気持ちも自然と湧いてくると思います。

また、マカや亜鉛などの成分は、疲労回復にも期待が出来るので、体調の向上も見込めます。 なので、極端な疲労状態でなければ、それらの効果から精力の向上も見込めると思います。

しかしながら、極度に悪い症状の場合は難しいと思いますし、原因が別なところにあれば、軽い症状でも改善は出来ないかもしれません。 たくさんのストレスを感じている人や、極度な疲労状態にあるのであれば、 生活習慣の改善など、それらの原因を軽減することが重要だと思います。

ゼクノリンでも、女性と行為に及ぶ気力を向上させることは可能だと思いますが、全てのケースを改善できるわけではありませんし、 軽い症状でも、生活の改善は考えた方が良いかもしれません。

ゼクノリンを飲むのであれば、まずはペニス増大が主目的あるべきだと思います。 そして、その過程で軽いED症状や精神的な精力向上は見込めると思います。 ですが、ゼクノリンを飲むだけではなく、食事やタバコ、お酒、睡眠時間などの生活習慣の見直しも一緒にすることが、 ED的症状や行為に及ぶ気力などの改善には必要だと思います。

まとめると、ゼクノリンが精力剤の代わりとなるかは、症状などによって人それぞれであり、ケースバイケースだと言うことです。

ゼクノリンは販売中止 最新の人気増大サプリはコレ!