ゼクノリンの飲み方

飲む時間はいつが一番良いのか?

ご存知の通りゼクノリンは、2錠タイプのペニス増大サプリメントで、1日に2種類の錠剤を2個ずつ、合計4個飲むことになります。 それぞれ1日に2個ずつ、朝晩に分けて飲む。 これが基本的なゼクノリンの飲み方となると思います。

ただ、ゼクノリンは薬ではなくサプリメントですので、基本的に飲み方や摂取量は自由です。 食後でも食前でも、朝でも寝る前でも、2錠でも4錠でも構わないのです。

とは言え、摂取量が多すぎても体外に排出されてしまうだけで勿体無いですし、 飲む時間も効率的な方が良いでしょう。

人によって、摂取量や効率的に摂取できると思われる時間は違うと思うので、以下でいくつかのパターンを提案させてもらいます。

時間から考える飲み方

時間から考える飲み方としては、朝昼晩に起きてすぐ、寝る前、3時どきなど、本当に様々なパターンが考えられます。 摂取量を基本パターンの1日2種を各2錠と考えると、飲む回数も1回から4回まで考えられます。 まずは摂取回数、飲む回数から考えてみましょう。

ゼクノリンの2つの錠剤は、それぞれ異なる効果が期待されていますが、その相乗効果も狙っています。 なので、基本的には同時に2種類の錠剤を飲むのが良いと思います。

別な考えとして、【Base】がテストステロンの活動を促し、【Plus】が血流を促すと考えると、 【Base】と【Plus】の両方(ゼクノリンの1日分)を、夕飯後や就寝前にまとめて摂取するという方法も考えられます。 と言うのも、テストステロンの数値は、夜から朝にかけて増加し、日中に低下する傾向があるからです。

また、血流を促すことを考えれば、勃起状態のときに時間を合わせるのが良いとも考えられます。 毎日勃起状態になる時間となると朝立ちです。 このような理由から、夜から朝にかけてゼクノリンの成分が働くように摂取するのが良いと考えられるのです。 ただ、テストステロンの数値が少ない昼にこそと言う考えも出来ますので、あくまでも一つの飲み方であることは忘れないで下さい。

飲む回数は、1錠ずつ、2錠ずつ、4錠まとめてなどを考えると、1回~4回まであり、 タイミングとして考えられるのは、食前と食後とその他の時間全てとなります。 こられの組み合わせを考えると、無数にゼクノリンの飲み方はあることになりますので、最終的には自分で判断しなければいけません。

無難なところで、始めは朝晩各1錠ずつ飲んでみると良いと思います。 そしてそれで効果がなければ、いろいろと試してみると良いでしょう。

サプリ自体の効果を実感できるかと同じ様に、どのような飲み方をすれば効果が得られやすいかは、人それぞれですからね。

ゼクノリンは販売中止 最新の人気増大サプリはコレ!

摂取量から考える

ゼクノリンの基本摂取量は、1日に2種類の錠剤を各2個の合計4錠になります。 ほとんどの方が、この摂取量を守っていれば良いと思います。 過剰な摂取は万が一のトラブルにもなるかもしれませんし、大量に摂取しても、 吸収されなければそのまま体外に排出されてしまいます。

ただ、特別体が大きい人は摂取量を増やしても良いかもしれません。 体が大きいというのは、身長ではなく体重です。

想像して欲しいのですが、体重50kgの人と、体重100kgの人が、同じ成分の摂取量で良いと思いますか?

体重が倍だから、摂取量も倍必要だとは思いませんが、多少は摂取量を増やした方が、効果は期待できると思います。 体重が100kgあるからと言って、ゼクノリンを購入して、いきなり4錠以上を1日に摂取する必要はないと思いますが、 1日2種類の錠剤を合計4錠飲んでみて、実感率が薄いのであれば、増やしてみるのも手だと思います。 くれぐれも一気に増やさず、少しずつ増やしてみてください。

ゼクノリンの飲み方について、いろいろと書いてみましたが、冒頭で記載したように、 サプリメントですので飲み方は人それぞれであり、自由でもあります。 上記を参考に飲み方を考えてもらい、最大限効果を発揮できるところを探して欲しいと思います。

尚、上記の飲み方は、考えられるゼクノリンの飲み方の、「提案、参考」であり、 必ずしも効果をより高める方法と言うわけではありませんのでご了承ください。 また、摂取量を増やしたり、飲むタイミングを変える場合は、自己責任で行ってください。 上記記載の内容を実践しての効果の有無、不具合など、当サイトは一切の責任を負えませんのでよろしくお願いします。