包茎

仮性包茎ならゼクノリンで改善?

包茎をゼクノリンで改善できるかと考えると、その可能性は高いと言えると思います。 包茎にも種類がありますが、仮性包茎であれば改善の期待はできると考えられるのです。

ゼクノリンによるペニス増大は、増大器具を使用したり、手でペニスをトレーニングするような、 包皮にダメージを与えてしまうようなものではないので、ペニス増大に成功しても、包皮にはほとんど影響がないと考えられるからです。

仮性包茎の状態も、人それぞれ違うとは思いますが、勃起時に亀頭の露出が容易にでき、手で亀頭を露出できることなどを考えると、 包皮が長く余っていることと、亀頭が露出された状態で維持できるような剥け癖がついていないことが、 仮性包茎である原因だと考えられます。

なので、ペニス自体が大きくなり、包皮が伸びなければ、自然と包皮の長さが不足して、包茎が改善できると考えられるからです。 また、少しの増大でも、包皮は剥けやすくなりますので、亀頭の露出状態が長くなれば、自然と仮性包茎も改善できると思います。 増大前の状態で、ほとんど亀頭が露出できなくても、 増大後、1日に何時間かでも露出できれば、自然と剥き癖もつくと考えられるからです。

ペニスの増大がどの程度できるかや、現状どの程度包皮が余っているのか、また剥き癖はある程度ついているのかなどで、 ゼクノリンによっての仮性包茎の改善確率は変ってきますが、 ペニス増大を成功させれば、比例して仮性包茎の改善確率も上がると思います。

ちなみに、仮性包茎は無理なく剥くことができるのですから、マメに剥いて剥き癖をつけることが大切です。 最初のうちはすぐに戻ってしまうかもしれませんが、次第に戻り難くなると思います。 また、勃起状態で自然と剥けるのであれば、勃起状態を長く保つなど工夫をしてみると良いと思います。 ペニス自身の増大と包皮の剥き癖で、仮性包茎の克服はそれ程難しくないと思います。

ゼクノリンは販売中止 最新の人気増大サプリはコレ!

真性包茎、カントン包茎は?

真性包茎の場合は、亀頭を露出できないので、ペニス増大してしまうと症状が悪化する可能性も秘めています。 包皮に余程余裕があれば大丈夫ですが、ペニス増大をしても、真性包茎自体は治りません。

症状の具合にも寄りますが、勃起していないときに、亀頭を少しずつ露出できるように包皮を剥いてみましょう。 症状が重く、全く亀頭の露出が無理そうなら、早めに包茎手術を考えても良いと思います。 少しずつでも亀頭の見える範囲が増えているのなら、早まって手術する必要はないかもしれません。

もし真性包茎の改善とペニスの増大を考えているのなら、まずは真性包茎を改善してから、 ゼクノリンなどでのペニス増大に挑戦してください。

カントン包茎は、亀頭の露出はできるけど、亀頭露出状態だとキツクて痛みを感じる包茎です。 なので、ペニス増大することで、その痛みが増えてしまう可能性もあります。

ただ、真性包茎と違い、亀頭の露出ができますので、無理のない状態で徐々に慣らしていけば、 仮性包茎よりも簡単に包茎を改善できるかもしれません。 勃起状態だと包皮に無理がかかりやすいので、勃起していない状態で慣らしていくと良いでしょう。

亀頭の露出時間を増やすことで、徐々にキツさも和らいでいくと思うのですが無理は禁物です。 多少キツク感じる程度の人もいれば、痛くてたまらない人もいると思うので、 カントン包茎の症状が重い場合には、本当に少しずつ露出時間を増やすようにしましょう。

尚、勃起状態で多少キツさを感じる程度であれば、勃起状態を長く維持することも有効です。 剥き癖と言うよりも、皮の口径を伸ばすイメージですので、軽い症状なら仮性包茎よりも克服は簡単かも知れません。

いづれにしても、真性包茎も仮性包茎も、まずは包茎の症状を改善する必要があると思うので、 ゼクノリンでのペニス増大は、包茎改善後に挑戦すると良いと思います。